タイプ別に見る便秘!あなたはどのタイプ?

突然の便秘!急性便秘

●一過性便秘

旅行先で便秘になったことがある人は多いのではないでしょうか。いつもとは違う環境や、生活リズムが変わったりする時に一時的になりやすいのが、一過性便秘です。引越しや転勤、転校などの環境の変化や、ダイエットによる急な食生活の変化でも一過性便秘になることがあります。

●器質性便秘(急性)

急性便秘の中でも、病気により急に便秘になる場合を器質性便秘といいます。激しい腹痛を伴うことがあり、腸捻転や腸閉塞を引き起こしている場合があるので早めに病院へ行く必要があります。腹痛だけでなく、嘔吐したり便に血が混ざるケースもあるので単なる便秘とは違うな、と感じたら早く医師に相談しましょう。

便秘の中で最も多いのが機能性便秘

機能性便秘は病気ではありませんが、生活していく中で不調を伴います。機能性便秘は大きく分けて3つあります。

●弛緩性便秘

ダイエット中に食事制限をしている場合や、高齢者などの筋力が弱っている人などに多く見られます。腸のぜん動運動が弱くなり、便をうまく送り出すことができなくなってしまうのです。残便感、食欲不振、冷え、お腹の張りなどの症状が見られます。

食物繊維を多く摂るように心がけたり、朝起きた時にコップ1杯の水を飲んだりすると腸の動きがよくなります。また、腹筋を鍛えることも大切です。

●直腸性便秘

トイレに行くのを我慢してしまうなど、排便のタイミングを逃し続けると直腸性便秘になることがあります。排便を我慢すると、直腸の神経が鈍くなり便意をだんだん感じなくなってしまうのです。長期間便を出さないと、便が硬くなり更に排便が困難になってしまいます。

水分、食物繊維をしっかりと摂るようにし、毎日トイレに行く習慣をつけましょう。

●機能性便秘(けいれん性便秘)

大腸の動きが不規則になってしまうとけいれん性便秘が引き起こります。便秘と下痢を繰り返すこともあります。これはストレスによって自律神経に影響を及ぼし、腸がけいれんを起こすことによって便が通りにくくなって排便が困難になって起こる便秘です。

ストレスを解消し、リラックスして生活できるように睡眠時間、食事を十分にとるように心がけましょう。

慢性的に起こる器質性便秘(慢性)

病気が原因で起こる器質性便秘(慢性)は、大腸ガンや大腸ポリープなどが原因となることがあります。がんやポリープによって便の通りが妨げられることにより、排便が困難となり便秘につながるのです。便の形が細長かったり、平らな状態で出てくることが多く、また血便になることもあります。

食生活など生活習慣を改善しても、なかなか治らない便秘の際早めに医師に相談しましょう。

参考:自分がなぜ便秘になったか知ってる?便秘の原因を知ろう


Sorry, Comments are closed.